June 2018

Month
六月も終わり、七月へ。

六月も終わり、七月へ。

六月なのに梅雨が明けてしまった東京。そしてサッカーワールドカップもなんと決勝進出!びっくり~。帰国してからあまり時差ぼけの症状が出ないまでも、疲れないようにいつもよりペースを落として過ごしています。 それにしても・・東京は本当に暑い >< 貴重な、やっとの週末なのでじっくりたっぷりの時間の中で過ごしています...Read More
小説「遠い太鼓」から 言葉を持たない

小説「遠い太鼓」から 言葉を持たない

「遠い太鼓」村上春樹著。 好きな文章抜粋しています 今こうして日本に帰ってきて、机の前に座ってその三年間のことを考えていると、とても不思議な気分になる。ふりかえってみると、奇妙な欠落感がある。質感のある空白。ある種の浮遊感、あるいは流動感。その三年間の記憶は、浮遊力と重力の作り出す狭間を流されるようにさまよっている。そ...Read More
つれづれイタリア出張日記 魚介リゾットとアドリア海

つれづれイタリア出張日記 魚介リゾットとアドリア海

ナポリでのメーカー訪問が終わってからは、一路!プーリア州マルティナフランカへ。この地域は近年有名になってきたファクトリーブランドが多くあります。なぜかと言うと・・有名ブランドの下請けをやっていた工場がとても多く、めきめきと技術とセンスが上がってきて、ピッティウオモ出展を叶えたファクトリーも数多いから。タリアトーレがその...Read More
小説「遠い太鼓」から 生の時間

小説「遠い太鼓」から 生の時間

「遠い太鼓」村上春樹 から好きな文章を抜粋。 日本にいると、日常にかまけているうちにダラダラとめりはりなく歳を取ってしまいそうな気がした。そしてそうしているうちに何かが失われてしまいそうに思えた。僕は、言うなれば、本当にありありとした、手ごたえのある生の時間を自分の手の中に欲しかったし、それは日本にいては果たし得ないこ...Read More
つれづれイタリア出張日記 ナポリの夕べ

つれづれイタリア出張日記 ナポリの夕べ

フィレンツェでの展示会が終わった後は、ミラノで数日。その後はナポリに行くことが多いです。メインは工場でオーダー内容の確認や新しい工場リサーチ他。冬にいくナポリよりも・・・やっぱり夏。6月の時期はもうイタリアの小学校が夏休み突入もあって、とにかく旅行者が多い!ナポリ湾には豪華客船が停泊していたりもあり、町中がさらに活気に...Read More
つれづれイタリア出張日記  ミラノのギャラリー

つれづれイタリア出張日記 ミラノのギャラリー

ミラノではかなりダメージがあることがありまして..日々ぐったりでした。詳細は省きますが、冷静になることが一番大切。で、落ち着いたら淡々と状況分析します。終わらないことはないので、ひたすらやれること、そして信頼を積み上げていきたいと思っています。律する気持ちがあれば、そしてベストが分かっていれば何でもできる。頑張ります。...Read More
小説「遠い太鼓」から 40歳という転換点

小説「遠い太鼓」から 40歳という転換点

外国に行く時、必ず持っていく小説「遠い太鼓」村上春樹著。ミラノに留学していたとき、どこかのブログで知って日本から送ってもらい。そのイキイキとした、どこか切なく哀しみ面白い内容に大共感。 いくつか素敵な文章があるので、思いついた時に抜粋しておきます。 40歳というのはひとつの大きな転換点であって、それは何かを取り、何かを...Read More
つれづれイタリア出張日記 コモ湖 

つれづれイタリア出張日記 コモ湖 

ミラノに戻ってきてからは・・土日なくお仕事です。   出張はいつもこんな感じ。来年春シーズンたちあがりの為にがんがん仕事しますー。  この日はコモ地方へ。ミラノから車で1時間ほどの避暑地で水がきれいな場所がら、シルクプリントの産地でもあります。 6月からはバカンスシーズンがスタートなので、イタリアからは勿論、様々な国の...Read More
つれづれイタリア出張日記 フィレンツェ恵まれた!

つれづれイタリア出張日記 フィレンツェ恵まれた!

ピッティウオモは無事に4日間の日程を終えて終了・・。 今回もたくさんたくさんの出来事がありました。 自分の仕事の立ち位置を考えること、今のトレンドや 今後の流れ、そしてどうしたい?何を提案したい? 人から言われたからっていう理由でやっていない?等々。 日々、精進です。 (いつもこの小路を歩いて会場へ向かっていました。こ...Read More
つれづれイタリア出張日記 リガトーニならばココ! 

つれづれイタリア出張日記 リガトーニならばココ! 

出張日記、帰国するまでにどんどんあげていきます! 写真メインになってしまいますが、後ほど追記というもアリで。 良い写真、ナイスな情報が入るとブログに書きたくなるし、 SNSは情報がストックしていかないので、最終着地場所は やっぱりブログ、なのだなーと。 フィレンツェではいつもお客様とお食事に行く日が一日。 毎年・・定番...Read More