OTHER

今の仕事をしながら、5年先に向けての意識を。

朝ランが終わったら、いつもコンビニに立ち寄ります。大体6時手前くらいの時間なので、商品の棚入れに店員さんが忙しい+お客さんは常時2-3人位いるのでレジでは結構待つことになります。澄んでいるエリアのコンビニ店員さんは、ほとんどが外国籍の方たち。日本語もとても上手で、宅配サービスを利用した時も流暢な日本語の説明で驚きました。 

レジに並んでいる時、ふと考えたこと。「この仕事は何かにきっと置き換わってしまうのだろう」と。 コンビニの仕事は定型作業でレジ打ちは最たるもの。今はバーコードがあるので、商品の発注作業もいりません。銀座のGUでは、全館がセルフレジ。各階にあったレジ台もだいぶ減り、並ぶ必要もほとんどなく袋詰め作業も自分で。大手のスーパーでも、セルフレジが導入されている所が沢山あります。(ちなみにイタリアはセルフレジの導入が随分前からあったような)

何かに代替されていく時代、Iot やロボット技術の導入や発展によってこれからその流れが加速していくのだろうと思います。自分自身の今の仕事、サラリーマンという身分について・・またコンビニからの帰り道に考えていました(朝の静けさはこういう時間が持てていいんですよね)。 すぐに今やっていることを止めて、突然新しいことを始めるのはハードルも高く、お金も体力もかかりメンタルにも負荷がかかります。

なので、今の生活や収入源は維持しつつ・・自分の軸を決めて、太くしていく幹を育てていくことに力を注ぎたいと思います。ぱっと思い浮かんだのは、以下2つ。 

①自分のセンスや感覚を生かした仕事や事業 
②安定収益、売却も可能なストック事業(不動産等)

もしかして独立もしてしまうかもしれませんが、それぐらい柔軟に未来予測をしておいた方が、良さそうな変化の多い時代なのかなーと。副業や、様々な雇用形態が当然の時代。サラリーマンで定年を迎えた先がぐっと長くなるこれから。ワクワクする気持ち、人とつながっていく気持ちが大切ですね! 
そして、貯金に励むのではなく「投資」への意識。私は将来不安が大きすぎて、お金を使うことがまだ苦手です・・笑 20代~30代前半は落ち着きたい、確かなベースを持ちたいという気持ちがとても強かったので何よりも「貯金、貯金」でした。が、自分への将来への投資の種、つまり本や、人との出会い、新しい経験やアイデアのヒントを取り逃してしまうことになります。  

不確実性がますます強まっていくこれから。お金の使い方もより意識的にしていき、新しいことへの挑戦や経験はどんどん!手放すもの、続けていくもの・・様々な「やりかけ」のものがあっても何か種になり、つながっていけば。

そんな気持ちの最近です。