Effortless Life
Around 40's Marriage

ちゃんとした格好の基準が低いと、手抜きに見られてしまう衝撃

産休中で色々とのんびりペースです。毎日7時間位寝ているのに、昼寝必須状態。陽気もだんだん暖かくなってきているので、さらに眠気が増しそうです。せっかくの休み期間なので存分に体調第一で過ごしたいと思っています。

久しぶりに婚活ネタで!というのも、私が結婚をする前の時、私よりちょっとしたの年代の女性に「恋愛相談」をされました。彼女の悩みは「出会いが無い」「婚活に疲れた」「二回目のデートにつながらない」等々のいわゆる王道のお悩み! 

当時の私は散々自分のダメさ、至らなさを失敗経験を通してわかっていたので・・まるで彼女の悩みが過去の自分をフラッシュバックさせるような内容だなーと強く心に焼き付いています。で、今回は彼女とのやりとりを思い出し、「婚活」における外見基準をあげる大切さを書いてみました。 

まずヘアスタイル 

彼女に毎日のお手入れを聞いてみると・・「自然乾燥かドライヤーで乾かすだけ」とのこと。ブロー=乾かすことだと思っていたそうです。うーん・・・それだと艶は出ないし、癖も出る。夜に乾かしても、朝おきたら寝ぐせはそのままだそうで。

乾いている=セット終了 

は、婚活しているならばなおさらのことNG です汗 「ちゃんとする、整える」という基準をもう一歩工夫出来れば全然かわるのに本当にもったいない。Dress & Dine の講座でもヘアアイロンの使い方をお伝えしましたが、手をいれたヘアスタイルって本当にそれだけで「ちゃんとした感」が出るんですよね。コテ、ヘアカラー、ハイライト、定期的なスペシャルトリートメント等々。髪は洋服みたいに着替えることが出来ないので、ケアは必須かと思っています。 

そしてメーク 


まず顔全体にファンデーションを塗らない、細眉にしない。いろいろとご本人はメークしたつもり、整えたつもりになっているかなと思ってましたが・・もったいない。メークは20代のやり方と同じになっているとあっという間に「不思議なおばさん」になってしまいます。 

最後にファッション 

こちらは思い出しても書きたい事が山のようにあるんですが、まずは「清潔」と「清潔感」が同じだと思っていること。洗濯した洋服を着ていれば良しって思っていませんか・・? スカートをはいていれば女性らしい恰好をしているって思っていませんか? 

どうしても癖で細かいところに目がいってしまうんですが、黒タイツがボロボロだったり、バッグは使いこみ過ぎてヘリの部分が削れてしまっていたり。見ているひとは見ています。セーターのわき部分が毛玉びっしりーーーーとか汗汗 (経験あり)

ちゃんとした格好の基準が低いと、手抜きに見られてしまう 

「しているつもり」「やっているつもり」なのに、結果が出ない。どうしても二回目のデートにいけないのが悩みだとその彼女が打ち明けてくれたことを思い出します。女性目線からみれば穏やかで、こじんまりとした温かいサークルを大切にするタイプ。が・・・外見を整えることには興味がなくて、「とりあえず」で今まできてしまったとのこと。

彼女とは一緒にお買い物に行き、ランチしながらメークのワンポイントを伝えました。すごく素直な方なので、こうしたら?というのをすぐに実行。最後に会ったのは2年前。彼女がどこかでイキイキとシアワセに活動されていることを願いつつ。

自分の「ちゃんとしている」基準をぐぐっと上げると、きっとまた新しい世界が見えてくる。人からの扱われ方も変わるし、何よりも自分に自信がつきますよね。手抜きに見られて良いことなんてひとつもないので、「はっ!わたしのことかも」と思った方は、すでに気づいているひとです。私には関係ないって思った人は・・・以前の私と同じです笑  

今は出産を控えているのでどうにも身体の調子優先なんですが、出産後の生活も落ち着いてきたら朝ご飯かランチをご一緒しながら、ご希望者にむけてファッションxメークのワンポイントアドバイス等をしたいと思っています。

関連投稿: