Home

在宅ワークが出来るように。4つのコツが分かってきました。

去年(2018年)に妊娠がわかってから、おかげ様で重いつわりに悩まされることもあまりなくただいま29週目に突入しています。体調も順調でありがたい限りですが、妊娠初期の2-3ヵ月は高齢妊娠ということもあり、まさかまさか・・という不安でいっぱいに過ごしていました。

駄目元で、勤めている会社に就業条件を変えずに在宅ワークが出来るかどうかをお願いしたところ、すんなりOK を!会社での連絡事項はほぼLINEで完結出来ているし、メールやドキュメントの共有も急ピッチで進めてきていたので、特に支障がないと判断されたようです。ありがたい職場です。ちょっと今日は通勤するのがつらいなという日、取引先とのアポがない日は体調優先で在宅ワークに。今日は細々と実行していきた在宅ワークのコツが見えてきたので、まとめてみました。

今のワークスタイルはこんな感じです。


会社の定時勤務は9時~18時。ランチの時間は1時間で時間帯は自由。会社は電車で5つ目の駅なので通勤時間は30~40分くらいです。残業はほぼ無し。在宅で働いている日は一か月のうち4~5日位が今のペースになっています。

健康管理で気を付けている「運動」について。 

在宅ワーク経験者なら実感するかと思いますが、家での仕事って本当に気を付けていないとあっというまに「運動不足」になります。腰が痛くなったり、目が疲れたり。通勤の往復って毎日のことだから意外にも運動になっていたりするんだと気づきました。おおよそ5000歩くらいの「歩き運動」がなくなります。これはまずい!

在宅日と出社日の歩数を比べても一目瞭然なので、Apple Watch のスタンド通知をONにして1時間ごとにアラートを。ささっと立ってお茶をいれたり、ゴミ出ししたり、部屋の片づけしたりします。良い気分転換にも。

後はちょっとした用事をあえて片づけに行くとか。図書館や近場の買い物等。オンラインで済まそうと思えばできるけれど、あえて体をよいしょと動かす。せっかく在宅なのでジムやランニング等も組み込めればいいんでしょうが、今は体がこんな状態なのでやめてます。

食事は自炊がメインです

在宅とはいえ、毎食毎食をその度に作ることはしていません。ホットクック等の調理家電とジップロックスクリューでのつくりおき料理がメイン!家にいても・・お弁当を食べているような平日。まったく気にならず!在宅の日も、出社日と変わらない時間帯で過ごせるとリズムが崩れなくて調子も整うような。 

お風呂時間は毎日死守!


在宅をしていると気づいたらずっとパソコンの前での作業で、腰や肩が凝っているなぁーと感じることが。リフレッシュと頭を空っぽにする時間も兼ねて、湯船には毎日浸かるようにしています。入って出るまで、1時間ちょとくらい。お風呂から出た後は自然に眠くなるように・・出来ればパソコン作業やスマホは見ないほうがいいんですよね。 

とはいえSNSの誘惑は強いのでなかなか出来ていません汗 

夕飯は大体18;30に食べるので、お風呂に入るのは19;30~20:30頃。お風呂から出ると夫がちょうど帰ってくるか、ご飯を食べているかというのが平日のルーティンになっています。子供が産まれて来たら・・どれだけ変化するのか予測不可能ですw

睡眠時間は7時間がベストになりました 


元々朝型なので、体調にもよりますが5:30頃に一度起きてしまいます。なので、なるべくベッドに入る時間は22;30~23;00の間に。それ以降だと早く目覚めた日なんて、本当に日中が眠くてねむくてダルイ。ショートスリーパーの人もいると聞きますが、私は眠いな~という日中を過ごすのが嫌なので寝る時間はお風呂の時間と同じくらい大切にしています。

早起きは苦にならないけど、夜眠りに入る時間のコントロールはなかなか難しいですよね。夜の誘惑はたくさん・・。寝る前のスマホはほんとにやめたいけれど、まだ卒業できていません。

まとめ 


以上、在宅ワークが出来るようになって思ったことをまとめてみました。生活はやっぱり健康が資本、身体が資本。働く環境が変わっても、何よりも大切なのは「健康と体力」が自分でコントロール出来ることだなと思っています。

関連オススメ書籍: