六本木の本屋カフェ「文喫」へ。本の世界、自分の世界へ没頭出来るオススメの場所です。

六本木の本屋カフェ「文喫」へ。本の世界、自分の世界へ没頭出来るオススメの場所です。

三連休も最終日。東京は朝からチラチラと雪が降ってきました。今日は朝ご飯をささっと済ませて、ずっと行きたいと思っていた六本木駅からすぐの本屋カフェ 文喫へ。とても良い時間を過ごせたのでご紹介します!

文喫 http://bunkitsu.jp/

Website トップの画像です、色合いが目に優しい。

お休みの日は朝イチ9時から入店がおススメです。どんどん席が埋まります。

六本木駅から出たすぐ、旧青山ブックセンター跡地にあります。今日は休日だし、雪が降っているし、そんなに混まないよね~なんて言いながら10分前に文喫に到着。私たちが一番ノリでしたが、その後どんどん後ろに列が。9時開店前には7-8組の列になっていました。良い席をゲットしたい人は、ぜひ開店時間9時がおススメです。 

一階の雑誌コーナーは無料。二階からのスペースは有料で1500円です。

お店に入ると企画展と雑誌が読めるスペースが。横には受付があります。二階に上がるスペースには閲覧室、選書室、研究室、喫茶室の4つのスペースが。そこのスペースに入るには有料となっていて、1500円。時間は無制限。喫茶室でコーヒーか煎茶が飲み放題でいただけるサービスもあり、電源も至るところにあり、もちろん WIFIもストレスフリーの速さで使えました。

喫茶室。大き目のテーブルがたくさん。
喫茶室その2.ローチェア、ローテーブルもあります。
閲覧室。この大き目の椅子、各テーブルの電源、電気スタンドが集中できそうです。今日はこちらの席で。

今日はどんな作業をしたいかで場所を決めるのがおススメです。

最初は喫茶室のテーブルを使おうと思ってそちらで席を。が、Surface go の電源プラグがひっかかってしまいどうしようかなーと思い、場所を閲覧室へ変更しました。こちらは横並びの作業スペースと電源、電気スタンドがそれぞれ。椅子も深く座れる大きめのものが用意されています。

今日は仕事対応メール、ブログ整備、読書、収支管理、等々をパソコン持参でやる予定だったので、場所を変えたのは正解でした!横並び席の目の前は吹き抜け状態なので視界もクリア。とにかく静かでカフェというよりも図書館に近いので、じっくり作業や本、内省に没頭できます。

  • 作業別おススメ場所
  • 色々なジャンルの本をばーっとランダムに読みたい→喫茶室
  • パソコン等持ち込んで勉強や書き物→閲覧室
  • 食事を食べながら、スマホいじりながら、本を読みたい→喫茶室 
  • 少人数でワイワイグループワークしたい→研究室(8人入れます。ここでセミナー等出来たら楽しそう~) 

ランチ、飲み物について。

おススメは牛ほほ肉のハヤシライスとのことで、さっそくそちらを注文。ごはんの量と甘目のたまねぎのバランスがとても美味しくおかわりしたいくらいの味でした。カカオニブをつかったケーキや、プリンも美味しそう。アルコールも何種類か用意。ほんとに・・一日中過ごせそう。

こちらハヤシライス。喫茶室はもちろんのこと、閲覧室の席でもいただけます。Paypayが使えました!by 夫

まとめ 

お店オープンは朝9時からなので朝活には不向きかなと。会社員が朝イチで行くには、お休みの日を狙うしかないですね。平日はもう少し空いているのかな? スタバはどこも混んでいるし、席によっては長居の作業もなかなか難しい。ブックカフェとなっているところは意外にも2時間パックとか時間制限があるので、好き勝手に過ごしたい私は結構プレッシャーです笑 

文喫は時間制限無し、飲み物も美味しいし、本のセレクトも普段手に取らないジャンルが沢山。一人でじっくり作業したいときは閲覧室へ、お茶したり食事したりしながら本やネットを楽しみたい人は喫茶室等々、いろんな楽しみ方が出来て良いなと思いました。

入館するときのバッジ。裏にWifiのパスワードが記載されています。本日は1番と2番でした!

どうしてもこの作業片づけたい!文章沢山書きたい、新しい本との出会いを楽しみたい等々・・こういう場所って最近増えてきています。一人でも、二人でも楽しめる充実の静かな空間・文喫。今日は逆算手帳レビュー、仕事メール、今週の振り返り、ブログ更新(こちらの記事)、そのほかもろもろ色々と捗りました。子連れでは、絶対にいけない場所なので笑 また再訪したいと思っています。

文喫 http://bunkitsu.jp/

東京都港区六本木6-1-20 Tel 03-6438-9120 Open ; 9:00 ~ 23:00