REVIEW

バレンタイン、って何でしたっけ? 美味しく美容にも良いスーパーローチョコレートサラミを試してみました

最近、友人たちの間でスーパーフードというキーワードを聞くことが多く、ご多分にもれず私も興味をもちはじめました。砂糖の弊害はよーくわかっているものの・・・疲れた時とか、ホッとひといきいれたい時にちょっとの甘さって中毒性が高いとわかっているものの・・美味しいですよね。砂糖のデメリットは欲しくない、けれど甘いものが欲しい!という・・果てしなき欲望。さて、どうしたものかと思っていたらスーパーフードだけで作られているチョコレートがあると聞き、さっそく2種類の味を購入しました。   
 
こちらのチョコレートを作っている方は、スーパーフード料理研究家の YORIKO 先生です。東京でもお料理教室を定期的に開催されているので、興味持った方は是非こちらのウェブをチェック!平日昼間が多いので、サラリーマンはなかなか難しい時間帯ですが新しい経験はやっぱり楽しいですよね。私も産休に入ったら一度行ってみようと思っています(体、動くかなー)  

 まずは定番のコレ。スーパーローチョコレートサラミ! 

サラミ?あのサラミ?とお名前だけ聞いた時思いましたが、受け取って納得。サラミのカタチをしているんですね。パッケージに成分や賞味期限も書いてあり、プレゼントにも可愛い色つかい。暖めたナイフでゆっくりと切れば、ぽろぽろとあまり崩れることなく綺麗に切れます。 「ロー」と記載あるとおり、非加熱なので、酵素をしっかりとりいれることも出来るチョコレート。美味しくて、甘くて、栄養素もあり、罪悪感がないなんて嬉しすぎますね。一本の大きさが結構あるので、毎日ひときれずつ頂いても2-3週間程はもちそうです。Dress & Dine のランチタイムにみんなで頂きました。甘さが控えめで、大好物のクルミの食感もしっかり残り。いつまでも口の中にいれておきたいテイストでした。お値段は一本 Yen 1700 (税込み)です。
 
材料:ローカカオパウダー、ローカカオバター、ローカカオニブ、マジョールデーツ、ローカシューナッツペースト、くるみ、玄米シリアル、バニラエクストラ、天日塩、ローマカパウダー、ロールクマパウダー 
 

 もう一つのフレーバーは、なんとペペロンチーノ!

チリパウダーが入っているピンクのパッケージがかわいい、味はビター目。ピンクの外観とはうらはらに、甘さと苦味がミックスされて渡しはこちらの方が好みです。辛味や苦味がより甘さを引き出すのかな・・・。正反対のコンビネーションが美味しい!お値段は一本 Yen 1800(税込)です。
 
材料:ローカカオバター、ローカカオパウダー、ローカカオニブ、マジョールデーツ、ローカシューナッツペースト、くるみ、玄米シリアル、バニラエクストラ、天日塩、ローマカパウダー、ロールクマパウダー、チリパウダー
 
そういえば二年前の夏にメキシコシティに旅行したとき、スタバと競合するように出店していたカフェがありました。シエリト・ケリード・カフェ。確かこのカフェにも唐辛子いりのホットショコラ(チョコラテ・コン・チレ)がありましたね。懐かしい ^^
 
 
 
唐辛子入り、で思いだすチョコレートは映画「ショコラ」でも登場していました。あの映画、最初は淡々としていてつまらないなーw と思いながら見ていたけれど。様々なチョコレートが出てきて、人間模様も暖かい。
 
 
 
職場と家庭へのチョコレート・・よりも、まず自分用!というのが最近(というか前から?)トレンドみたいですね。慣習でやっているならば即やめる。あげたい人があげればいいし、小さなプレゼントは潤滑油にもなるので、感謝の気持ちやどっきりな気持ちを贈るのも楽しいかも。バレンタインの思い出は、また今度(書ける時が来たら書きます)