マネーフォワードで記録していくうちにみえてくるもの

マネーフォワードで記録していくうちにみえてくるもの

収支管理は昨年からマネーフォワードを使い始めました。有料会員になったので、持っているほぼ全てのカードを連携してポイントを確認したり、マイレージを把握したり。なぜかアリタリア、ユナイテッドマイレージは連携できないのでANAマイレージのみ。無料版は確か20個しか連携出来ないので、私のように「全部一気に見える化」したい人は有料版がオススメです。毎月480円ですが、見える化して無駄が判り、それを止めればすぐに回収できますしね。

節約ではなく、未来への投資が大切 

毎月まいつき収支管理していくと、減った分と増えた分ばかりが最初は気になっていました。予算管理設定ができるのでついつい節約気味な設定→できない→嫌になる…のループを何度繰り返したことか。無理あることは出来ないし、そもそもの目的は節約!ではなく、お金を動かして資産を作る、働ける能力を身につけること。ケチケチしていて嫌〜になるのは、本末転倒ですよね。  

この低金利時代、預金をいくら溜め込んでもたかが知れています。働く期間がさらにさらに長くなり、健康年齢も伴って上がっていくこれから。私の目標のひとつに収入の複線化があるので、それをコツコツ叶えるためにも情報にお金を出す、書籍や金融投資には積極的にお金を使っていきたい!

もっともっと本にお金を使いたい

毎月の書籍代は一万円ちょっとです。図書館とも併用しているので、毎月15冊くらいは本を読んでいます。本の良さは、情報がある程度まとまって頭に入ってくることと…ほかのメディアに比べて時間あたりの情報の濃さが圧倒的に高いこと!テレビ、雑誌は広告がありますし、ね。それに比べて本は内容で勝負、kindleですぐ読める、今はkindle unlimitedもあるので読もうと思えば無限大。人と雑談からの情報収集も楽しいけれど、圧倒的に本はまとまりのある内容が一気に読めるので、もう少し買ってもいいかなと思っています。

固定費見直しは定期的に

マネーフォワード有料版は、過去のデータも拾ってくれます。比較しながら驚いたのは、スマホ代..はんぱない!ということ。仕事で使っているのもあって、当時は2万円くらいかかっていました。会社負担があるとはいえ、かなり割高設定。見直しもほとんどしないまま、の状態でした。去年はやっと格安シムのワイモバイルに変更し、5000円以上の固定費削減。あとはダラダラ支払いしていたオンラインサイトのコンテンツをやめたり、携帯の保証プランを見直したり、使いきれないくらいの過剰なサービスをかなり断捨離。サブスクリプションモデルは入り口が手軽なのでついつい..ってなりますよね。結局使わないならば、無駄になってしまうので自分のキャパを知っておくのは大切ですね。

やっぱり見える化は楽しい!マネーフォワードは見たくないものも見えてしまうので..ちょっと使いこむまでがマインドが痛いのですが笑、そこからスタートです。自分の収支管理、投資管理はどんどんアップデートしていきたいと思っています。

(今月は毎日更新!バンザイ!!)