Effortless Life
Around 40's Marriage

アラフォーの婚活から結婚、エトセトラ ④

ようやく? 最終回です。

夫と出会う前は、
婚活疲れというか、世間の ザ 結婚プレッシャー
から意識的に離れるようにして、まずは自分の
生活を充実することを第一に。もう〇〇だから、ダメ
とか考えて自分を嫌いになるのは止めようと。

自己嫌悪とか、駄目だー駄目だーとか思ってしまうクセは
本当にしつこく。何かあった時は、自分が犠牲になれば回りは
落ち着く、自分が折れておこうというのが回避策でした。
そんな考え方は、やっぱりストレスもどんどん貯まっていくし、
疲れていってしまいます。

そんなときに、やったことは・・新しいコミュニティに入ってみようということ。
仕事の人間関係も広がる限界があるし、自分ペースで回っていく生活に
心地よさを感じていたと同時に、飽きも感じていたこと。本をいくら読んでも、
行動したり、人と出会ったりしないことには・・変わらないんじゃない?って
思ったのもあり。

とにかく、変わりたかったし、変わるきっかけがあれば何でも
良かった、当時です。確か38歳くらいのころ。

まだ今のようにオンラインサロンブームになる前、私が入ったのは勝間塾
という学びx実践のコミュニティでした。勝間さんの本はイタリア留学前から
ずっと読んでいて、年収10倍アップシリーズも大好きで。ほぼ全部の本を
読んでいます。その勝間さんが主宰されるコミュニティがあると知り、入会。
そこから・・色々な人との出会いや学びがあったのは、ちょっとここでは
書ききれないくらいです。(いつか、まとめたいと思っています)

自分の今、だけで精いっぱいだったのが、段々と主体的に「自分自身」
どうしたいのか?を考える機会がたくさんあり、自分の得意なことがコレで、
こういうことで人と繋がれるということも解ってきた数年。

気付けば、「自分はダメー」と思うことが減ってきて、
どんどん(いい意味で)図々しく、何でも行動してみよう、失敗もアリ、って
思えるように。刺激的な良い友人にも恵まれました。

夫と出会ったころはそんな時です。
最初、お付き合いしようと言われた時・・出張や仕事に理解がないと難しいと
思う、料理も出来ない、と伝えたのに。そんなことは気にしません、と。

したいことをしていて、
苦手なことがある自分でもいいんだって
認めてくれた気持ちになったことを、よく覚えています。

お付き合いして、3カ月でプロポーズとなりました。
その間に私は2度イタリア出張へ行っていたので・・二人でゆっくり
過ごしたり、話したりしていた時間は少なかったのかもしれません。
けれど、共通項や今後のイメージをシェア出来ることもあり何だか
自然でした。 (とはいえ・・この早すぎる展開に驚いたのも事実w)

丁度去年の夏(2017年)頃の出来ごとです。

今振り返ってみて思うことは、いつ何どきであれ・・自分自身の「大丈夫」という
気持ちが一番大切ということ。そして、小さくても良いから変化をしたいので
あれば、昨日とは違う新しいことをやってみること。人間、意外に?もタフだし、
今まで生きてきた人生経験があるので大きな道は踏み外さないはず。

相手ばかりをみないで、自分自身を大きく見つめ直したのも
婚活がきっかけだったような気がします。

どんな人生を送りたい、どんな時間を過ごしたい?
何をしたいのか、何に時間を使いたいのか。

結局のところ、ひたすら内省して自分の心地よさを広げていった
結果が、今なのかなーと・・1年経って思うこと。

高齢とか、アラフォーとか、40歳超えたら○%しか・・なんて
いうのはただの数字で、「世間一般の基準」。そんなものに振り回されて
いるとあっという間に10年経ってしまうので、昔の自分に言いたいことは
「自分の常識で良い」ということです笑 あと、心地よさとRelax time.

結局五感と頭が納得できていれば、悪いように人生は転ばないはずと
自己確信しています。

何か迷っている人の参考になれば幸いです。
私も色々な人のブログを読み漁った時もあり、そこで救われたり、
気持が落ち着いたりしたことたくさんあったので。

読んでいただきありがとうございます!

このテーマの過去投稿:

アラフォーの婚活から結婚、エトセトラ ①

アラフォーの婚活から結婚、エトセトラ ②

アラフォーの婚活から結婚、エトセトラ ③