軽い気持ちでトライしてみる大切さ 

軽い気持ちでトライしてみる大切さ 

ブログを書き続けてきてよかったな~と思うことは
たくさんありますが・・・、去年の今ごろ何を考えていたのかなーと
ちょっと振り返りたい時にやっぱりちょうどよいなと。嬉しい瞬間のひとつに、
自分がちょっと前進できたと感じられる時、というのがあります。

去年の12月にこんなエントリーを書いていました。
まだ結婚式の前で、二人暮らしもスタートしていなかった時。
子供のことも考えていなかったし・・。 一年あると、ほんと色んなこと
出来るし、経験出来るんだなーと。

○○してないと、○○出来ない。ほんとに?

したいこととかも・・色々とハードモードな設定をしていると
いつまでたっても、「大変!」「高い壁」「10年以上かかってしまう」
とかとか・・勝手に思っている。

けど、そこんとこ・・・本当にそうなの?
大変、大変って言っているほうが、もしかして「今の自分=変わらない自分」が
「そのままで良いんだ」って思えるから、やらないだけなのでは?

頭の中で・・
・やっぱり無理だー
・大変すぎる
・壮大すぎる・・

って、思って終わりにしない。
そんな勿体ないことなんてない。

じゃぁ、どうするの? ということですが、去年のエントリーを書いてから
今まで色々経験してきて思うことは、自分の思いこみをいちいち疑って、
本当にそんな「思いこみ」をずっと抱えてこの先の100年ライフを送って
いきたいか?と、自問自答すること。 紙に書いてもよいし、思いこみリストを
作ってもよいのかもしれない笑

自分で勝手に作っていた、「絶対ぜったい必要な◎◎になる条件」を
手放してみる。

トライする気持ちに制限かけているのは、周りの環境ではなく
自分のマインドだ、と。