スタイリング中は自分を昇華できる

スタイリング中は自分を昇華できる

実は自分自身のコーディネートは
結構マンネリで、定番化していて、そしてそれで
良いと思いつつ、小さな変化を楽しむタイプです。

たとえば、ネイルを変えるとか。
フレグランスを変えるとか。
ヘアカラーの色をワントーン下げるとか。

それでも自分自身でどうしょうもなく
「何か変えたい!」けど、それが何なのか、どこが
ボトルネックなのか・・さっぱりわからないという時。

憧れの世界観がたっぷりと詰まった雑誌を
たくさん読むことにしています。今、定期購読して
自宅で楽しんでいるのは、ハーパスバザー と リシェス。

特にハーパスバザーは、普段なかなか見ることのない
色の組み合わせや、日本の雑誌では特集されない地域の旅行特集、
エイジレスで美しく、何よりも自分軸がぴっとしている女性たちが
たくさんたくさん出ているので大好き。読むたびに、リラックス
出来るし、新しいアイデアもたくさん湧いてきます。

そして・・五月はスタイリングの機会がたくさんあり、
沢山のお店や雑誌を見て、自分自身の言語化に悩んだ時でもありました。

人のスタイリングをしていくと、自分の自我や自意識がどんどん
気持ち良いくらいに消化x昇華されていくといくことに気づき。
自分なんてどうでもよくなるというか、とにかく良い提案をしたい
という気持ちでいっぱいになるから、すごく頑張れるし、大好きなんだなと。

丸出しの自分にもなれるし、誰かのためになれる。
ありがたいことだなって思います。