最近のきもち

最近のきもち

会社を辞めてイタリアに留学したのは、もう10年前だけれど
最近の自分の活動や、気持ちの変遷を眺めていると・・今、は
次のステップへの大きな「節目」にいるような感覚がある。 

出会う人が変わり、読む本も変わり、行く場所も変わった。 
悩む対象が変わって、昔こまっていたことはどうでもよくなった。 

とはいえ、この流れの中にいてちょっと昔にフラッシュバックする
気持ちもあり、何だか動けるようなもぞもぞしている感じ。
そういう時は、昔好きだった文章を読み返したり、懐かしい小説を読んだり
すると「本来」に戻れるような気がして、ほっとする感覚がある。

「それまで自分がずっとやってきたこと」にちょっと飽きていて、
重くもあって、その価値を見失っている気持ちがしていたここ最近。 

新しさと、今までの間をフラフラとしているけれど、  
一気に大きくジャンプは苦手なので、それで良いと思っている。 

「自分がずっとやってきたことの価値に気づくこと」
「ちまちまとでも、悩みつつも、手を動かしてアウトプットしてきたこと」
「快適な環境、楽しい未来、嬉しい瞬間を求め続けていること」  
「表現できる場があれば、どんどんと挑戦していくということ」 

確認しながら、納得しながら進むことは
この忙しい現代にはそぐわないのかもしれないけれど、私はそういう時間を
大切にしていきたいと思っている。