Effortless Life
Bz Trip (2018)

漫然と、しないこと

今年から、5年日記というのを書いています。
一日に書くのは数行で出来事だけ。

あれもしたい、これもしたいで
一杯いっぱいになりがちな頭の中が整理される
感覚と、見直しができることが気に入っています。

・本を読む時間がとれていないので、早めに帰ろう
・睡眠不足が続いているな
・気持ちに無理して、「はい!」って言っている
・そろそろ夏のこと考えて、決めて、動こう
・じっくりノートや手帳、カレンダーを見直すひとりの
時間を週末は取ろう

ブログもそうだけど、気持ちをちゃんと出したり
不格好だけれど何かをつづることが自分にとってとても
大切。

なぜかというと、昨日も書いたように
「そこそこ」で時間や、人生が過ぎていくのがとても残念で
せっかく生きているのだから、より自分が見たい世界を
みてみたいし、もっと体感して感じてみたいから。

それはすごくシンプルなことで
・着たい服をきて
・居心地のよいところでお茶する
・新しい情報や世界事情、生き方を知る

味わいたい世界を決める とも言えるのかも。

今年は帰国したら・・新しい展開がスタートします。
まだこちらでアップしてないけれど、ワクワクする1月らしい内容。

やりたいと思っていたことや、システムって絶対に書いておいた
方がよい。自分には無理だなーってという内容でも、必ず人が現れたり
助言があったりする。伴う行動も大切だけれど、そこには「行動しなきゃ!」
っていう焦りなんて一切感じないから、すすーって出来たりするので。

気持ちに向き合う、
したいに向き合う。
そして書いて、話す事。

シンプルだけど、徹底的にやっていきたいことです。