Effortless Life
REVIEW

夢を追うには、「伝えて、行動する」こと。映画「ドリーム」

映画「ドリーム」を観てきました。

舞台は1961年のアメリカ。ソ連と熾烈な開発競争をくりひろげていたNASAに勤務する、3人の黒人女性が主人公。それぞれの職務で差別を受けながらも、決して声をあらげることなく、粛々と改善行動をつづけていく姿勢に・・改めて感動。自分たちの境遇に卑屈な気持ちになることもものすごく多いはずなのに・・冷静に乗り越える方法を考え、夢を実現することから逃げようとしない。

映画って、様々な生き方、そしてセリフの言い回しに学ぶことが本当に多くて。感情移入、共感癖がある私はしょっちゅう影響受けています。この映画は、当時のNASAの宇宙開発物語・・なのですが、私が感動したのはやっぱり3人の女性たちのしなやかな交渉、立ち回り。

天才的な計算能力をもつキャサリンは、国防省での会議参加を「補佐、女性、黒人」というだけで断られます。が、キャサリンはそこで粘り、自分の能力をアピール、そして決定権を持つのは「上司である」ことをアピールすることで、会議の参加を承諾されるシーンは震えました。相手の立場を尊重しつつ、全体貢献のアイデアをすっと出す。「私が、私が」とつい・・なってしまう我が身を恥じるワンシーン。

もう一つのシーンは、前例がないことをどう認めてもらうかという交渉。学校の入学を許可してもらう為に、決定権を持つ相手の事を徹底的に調べる。相手へのメリット、貢献ってどのポイントなんだろうと考える事。交渉相手は「敵」ではなく、「味方、仲間」であり、「自分を助けてくれる、自分の為に動いてくれる人なんだ」と思ってくれるような工夫をする。

この人は自分をわかってくれない、
硬直した状況をどう突破してよいのかわからない、
自分を主張するだけで・・なんとなく上手くいってないけれど
どうしたらよいのかわからない(全部自分にあてはまるw) という人、
女性に限らず男性にも(というか・・もう男女って区切り無くしたい)
オススメの映画です。

自分の信念は、もまれつつ、嫌な思いもたくさんしながら残っていくもの。そして信念や想いは、「伝える」こと。伝える事を怖がってしまう、億劫に感じる、察してよ!(あー、面倒くさいw)っていうことからだんだん卒業していくぞ。そして、もう文句は言うこと、不平や不満を言うって本当に不毛!

とてもとてもオススメ映画です。もう一度見にいこうかな。

公式サイト