出会うか、深めていけるか

出会うか、深めていけるか

日光には本棚があって
いつも行くと読み返す
村上春樹の本 
小確幸、ということばは
そういえばこの本から出てきた
んだっけかと思いだす 

2年先
3年先
そして5年先 
のことばかり考えて
フワフワしていたなぁ 
何でも出来そうで
何もする行動力がなくって
怖がっている 

何かに今、
必死になっているのだろうか
 
どこかネジを弛めて、頭がココロが
怠惰になっていないだろうか
疲れを癒すこと を何よりも
優先させてないだろうか 

必死に頑張った、頑張っている
楽しかった、充実していた
という五感の満足する「体感」は
いつも自分の心と精神の支えに
なってくれる 

今日という 繰り返す
大事な日 

死ぬまでに
いくつ 魂や震えることと出会うか
深めていけるか 

最近そんなことを考える