モンブラン考 神楽坂へ 

モンブラン考 神楽坂へ 

秋は美味しいものがたくさんあるのですが、特に目がないのは、モンブランとアップルパイ。今日はモンブランについて書きたいと思います。

モンブランが好きな理由。それば栗の自然な風味が好きだから。しかも砕けたカケラがいくつか入っていて、甘過ぎないマロンペーストにしっかりした土台のタルト生地だと嬉しい。生クリームやシフォンがベースの、甘ったるいものは苦手です。質実剛健な骨太のモンブランが好きです。ペーストも柔らかすぎず固めのクリームが良し。

パリに初めて行った時、かの有名なアンジェリーナの本店に行こう!と思い、学生まるだしのカジュアル過ぎる格好でサロンへ。そこに出てきた巨大なモンブランは衝撃でした。まず重さがあってクリームは本当に甘い… 残念ながら残してしまったことを覚えています。 昔、銀座のプランタンでもアンジェリーナのモンブランが食べられましたが、まだあるのかしら…。

先日の雨が降ったり止んだりの祝日。特に予定もなく、惰眠を堪能した後に行ってきました。神楽坂の洋菓子の名店 へ。家から神楽坂まではのんびり歩いて20分程。この日は雨だからそんなに人もいないだろうと思いきや..結構な人数でびっくりです。どうやら秋祭り。赤城神社周辺は結構な人だかり。

ATELIER KOHTA アトリエ・コータ 
こちらへお邪魔しました。神楽坂店はデザートをカウンター席で頂けます。カウンターデザートとは、9席のカウンターのみで提供する「出来立てのデザートプレート」で、カウンター内のオープンキッチンで目の前で作るデザートを頂けるサービスです。本日はおひとりでデザートを楽しむ気分ではなかった為、お目当てのモンブランをお持ち帰り。ひとつ460円で結構お高めです。
fullsizerender-80

fullsizerender-81

神楽坂には別の用事もあり、かもめブックスと la kagu にも足を伸ばしました。かもめブックスは本のセレクトが「いさぎよい」ので季節が変わる度に行きたい本屋さんです。雑誌オリーブの愛蔵版を見つけたのもここ。雨の日なのに中のコーヒースペースはお客様で大賑わい。ざっと見たところ、若いカップル、女性同士が多かったかな。カフェオレの注文が多く、私の好きなエスプレッソは不人気。(スタバでもエスプレッソを頼みますー。大きいコーヒーは飲み切れません)la kagu は、ファッション、カフェ、本屋、雑貨がある複合ショップ。サイトによると・・こういうお店はキュレ―ションストアというらしく。もともとは昭和40年代に建てられた新潮社の本の倉庫として使われていた建物。(写真撮り忘れ・・。実際是非行ってみてください!)

topimage_2

家に着いて、コーヒーを淹れて。おそらく甘いだろう・・マロンペーストに響くよう濃い目濃い目のコーヒーに。フォークをいれた時、柔らかさを感じました。ふわふわ系だな、と。口にいれた瞬間、確信。じゅわーーーっと甘さが広がります。マロンペーストも質実剛健な骨太のソレ、ではなく、ふんわり甘い上品さ。最初小さいかな?と思ったサイズは結構な甘さがあるので、おなか一杯になりました。嗚呼・・濃い目のコーヒーを淹れて良かった。

ザ・マイベスト モンブランを探す旅はまだ続きます。

fullsizerender-82