久しぶりの東路線で、参った~となりました。怖ワクワク中。

久しぶりの東路線で、参った~となりました。怖ワクワク中。

8/26から夏休みでメキシコシティ、カンクン、ニューヨークをめぐる1人旅に出かけています。初日の移動は、成田→ヒューストン→メキシコシティのはずが・・思いもよらないことになりました。

経由地ヒューストンでまさかのハリケーン発生

久しぶりの成田からユナイテッド航空で約11時間の旅。快適な中央列通路側も確保出来て、まぁまぁ寝れたし本も読めたぞーと思っていたのもつかのま。機内アナウンスで「到着地ヒューストンで、ハリケーンの可能性があります」と、離陸前にインフォメーション。その時は「そうか、この時期って雨季で色々とトラブルがある時期なんだな」と軽く考えていました。2回目の食事が出されるタイミング(搭乗して8時間位?)に、再度機内アナウンスがあり「この飛行機はヒューストンでは着陸できません。空港はハリケーンの被害もありクローズしています。近くのサンフランシスコ空港にこれから30分で到着します。乗り継ぎ便のお客様は地上係員にお尋ねください」とのこと・・。

キタよ・・早速トラブル!早くないでしょうか?と思いつつ、災害が起きてしまった地域に思いを馳せつつ、今日中にメキシコシティに到着出来るのか?まさかの乗り合いバス?荷物はピックアップ出来るのかとグルグルと不安なことばかり考えていました。

チケット確保!たっぷり過ぎるトランジットタイムはどう過ごす?

入国審査は無事にパス。顔写真、両手の指紋取得、滞在目的の質問等をクリア。WONGという英語堪能な中国人の方が担当でした。「君はヒューストンまでのチケットを持っているのに、なぜサンフランシスコで降りてしまったのか?」と聞かれて、「ハリケーンで空港がクローズしているんです」と答えたら。

「ディズニーランドは東京のほうが面白いぞ」とのこと。

いや、メキシコに行きたいんです!と言うのも面倒になったので、THANKS !と答えたら、スタンプを押してくれて荷物ピックアップを手伝ってくれて、ユナイテッドの乗り継ぎカウンターまで優先案内してくれました。アサーティブなふるまいって大切だな、とまた学びました。

ユナイテッド職員の方が色々チケットを探してくれました。とにかくヒューストン行きの飛行機が全てキャンセルとなってしまったので、ものすごい行列。改めて入国管理局のおじさんに大感謝です!チケットはなかなか見つからず、明日の夜にダイレクトでメキシコに入る便か、明日の朝にヒューストンに入って現地でメキシコ行きのチケットをアレンジするか等々 一つずつのフライトシュミレートはすぐに出てくるわけではなく、電話したりパソコンを再起動させたり、隣のスタッフに問い合わせたりでてんやわんや状態。あれ、この状況どこかでみた事があるぞ、と思ったら。ナポリの空港でした!

最終的には8/26の夜にサンフランシスコ発→ロサンゼルス経由→メキシコシティ到着のチケットを発券。サンフランシスコ空港で待ち時間8時間、ロサンゼルスでも6時間の待ち時間。ええと、持ってきた読書も既に終わってしまいましたので、WIFIフリー、電源スポットが限りなくある空港でぶらぶらするしかない。メキシコで宿泊予定のホテルはチャットで即予約変更の連絡が出来(Expedia経由で即返信来ました)、ルイスバラカン邸の予約変更を待つのみ。

トランジットタイムは、何はともあれ電源確保したら他は何しても大丈夫です。次の目的地には全く電源が無いかもしれないし、WIFIも無いかもしれない。調べられる情報は前もって(ほんとは出発前が良いですね・・)調べておいたり、たまったNPの記事を読んだり、積読Kindleをゴリゴリと読んでいったり。スマホがあれば何時間でも?楽しいコト出来ますねー。時差を利用してLINEやメッセンジャーで通話も出来る。

英語だらけ!どうしよう・・焦

当たり前ですが、アメリカに入ったので英語しか聞こえてきません。いつもイタリアばかりに行っていたので、英語に全然耳が慣れておらず中学生レベルの英語で四苦八苦。語学は積み重ね、慣れの産物だなと改めて思いました。そしてイタリア人に見慣れている私がびっくりしたのが、アメリカ人って静か!笑顔はビックだけれど態度はそんなに大きくない?仕事ちゃんとしてくれる!っていうことです。特に、仕事をちゃんとしてくれるってこういうトラブルがあると動揺しまくりなのですごく大切。

なんだか日記形式になってしまいますが、Google検索でわかってしまう情報はなるべくいれずに、心象を交えた旅ブログをマメに書いていきますー。初めての土地に行くのは、怖い、でもワクワク。今日の朝はあまり空港に行くことに気のりしなくて、ルーティンじゃないことをやることが面倒に思う気持ちがありました。プラス、ルート変更の洗礼もあり。

けれど、一つずつクリアしていく楽しみってありますねー。これはやってみないとわからないことです。もっと気軽に、したいことをする。出来ることではなく。トライは続きます♪