反応が変わると、気持ちよく生きられる。 

反応が変わると、気持ちよく生きられる。 

先月の7月に誕生日を迎えました。

もうこんな年なのかーという、
ちょっと自分ゴトではないような気持ちと、
ここまで元気に生きてきたなぁという気持ち。

これから先の人生、何に挑戦しようかと思う気もちで
ワクワクしています。 最近とても興味があるのは、
アートや美術、モチベーション、豊かであること、健康美、です。

私がまだ33歳~35歳くらいまでの頃は
まさか今の自分が↑のような気持ちでいるなんて・・
全く想像できていませんでした。

きっと、○○して
こうなっていて・・ と
当時考えていたことは、今叶っていません。
(詳細は控えます笑)

けれど、それで不幸な気持ちになっているのか?

と思ったら全くそうではない。

むしろ、
なんで昔の自分はそんなに「小さな世界」で、
自分や周りの未来を制限していたんだろうと。

「これからどうしていく?」という・・不安って
当時はわりとネガティブ方向で考えていました。

仕事がいつまであるのか(めちゃ受け身考え)
女性として老化は恐怖!とか(そうではない美しさはある)

今、こういう気持ちでいられるのは・・
やっぱり日々起きてくる沢山の出来ごとに対して
「好き嫌いのジャッジをやめて、私はどうしたいか」と
考えるクセがついたからかなと思っています。

例えば、
真夏なのでランニングが出来ず、運動不足が怖い私は
朝の時間に筋トレをするようにしています。毎日継続したい
けれど、睡眠時間を優先しているので出来ない日も
あります。出来ない日が続いて、体力が落ちて、日常の
パフォーマンスが落ちるのはどうしても嫌。

いつも元気に動ける体をキープしたい。
と「姿」が決まれば、筋トレが出来るように早めに寝たり、
ちょっと負荷をあげようという気持ちにも。

そこに、「好き・嫌い」の気持ちのジャッジは
まったくなくて。ただ「なりたい姿」があるから、やるというだけ。

何も「うまくいく」保障なんて・・ないし、
成功法則ってそりゃ沢山読書した時期もありましたが
「絶対大丈夫」ってないんだなー、というのが今の年齢になった
私の気付きです。

それを、不安と捉えるか。
または、よしきた!と捉えるか。

いつもフレッシュで、新しい刺激に対して
飛びこめる余裕を持っていたいです。

勉強や読書「だけ」しているならば・・旅に出たり、
人とあったり。とにかく交流をする機会を増やすと・・
変われるんだな~という気付きも。