何を着ていても、「らしい」と言われること

何を着ていても、「らしい」と言われること

その場で「記憶に残る存在でありたい」と考えながら
メークや、コーディネートを私なりに意識しだしてから
「いつもケイコさんらしい」と言われることが、増えてきたように
思います。

相手に、その場に、「どんな影響を伝えたいか、与えたいか」を
考える。 そのPDCAサイクルが、「らしさ」につながる。

そう思うと、ポリシーのないファッションは
本当につまらなく、何よりも自分自身がもったいない。
せっかくそこに存在しているのに。

服装や立ち振る舞い、メークを含めた
外見の力は、本当にあなどれません。

本当の実力以上に見せられるくらいが、正解。
中身は必死に必死に、磨き続ければいいのだから、と。

自分の実力なんて、どれだけのものか・・誰もわからない。
だったら外見のプレゼンテーション力をあげて、優雅に必死に
努力する姿勢。潔くてかっこいいな~と思う、時差ボケの日々。