断捨離して、虚しくなって、また溜め込むループとは

断捨離して、虚しくなって、また溜め込むループとは

好きで
大切で
思い出があるものは
いくらだって保存して
よいものだと思います

着れない洋服でも
使わないバックでも
とっておく

断捨離して
空っぽになった部屋に一瞬
晴れやかさを感じるけれども、
何か を 一緒に捨ててしまったから
またそれをモノに求めてしまうのかなと

その 何か ってなんだろう?

今の自分にやっぱり必要なもので
代替がきかないもの なのかなと
値段は関係ないんですよねー
使い勝手とかも。

惰性で使っているパジャマとか
もらいもののTシャツとか
使いにくいお土産のボールペンとか
吸い込むけど嫌いな柄のタオルとか
出張するまえに、どさーっと整理しました

溜め込むのは、何かあったら という不安
なのかな? 私も溜め込みはありますけど..
使わないのにもらってくる試供品とか。
小さくてコマコマしたものが、あまり好きじゃ
ないので、もうもらわないことにします!
そして試供品を、試したこと..無かった。

良い循環、新陳代謝をしてない典型ですね。

きっとこれからもいろいろと買ったり、
捨てたりを繰り返します。

その度に、
捨てない基準を、自覚するのが
楽しみです。

きっと捨てないだろうなーという
バックは、セリーヌのファントム。
そして、デビットボウイのロックTシャツ。

30年後もそれを着て、持っている自分が
想像できます笑