Effortless Life
Bz Trip (2017)

出張日記:何度目かのフィレンツェは、キャンティまでドライブ、絶品お肉を好きなだけ。

フィレンツェに入った6/12。翌日はフィレンツェから車で1時間のキャンティ地方まで車で移動して、有名なステーキハウスへ行ってきました。精肉屋で有名なDario Cecchini 氏が手掛ける、Bistecca です。

食事が始まる前に、アペリティーボが楽しめます。

食事時間が決まっていて、ランチは13時から。ディナーは20時からのみ。予約客が全員揃って長テーブルが一杯になってから食事がスタートします。早めに到着した客さんは、お店の一階にあるアペリティーボが出来る場所でワインや、チーズ、もちろんお肉も楽しめます。ここでの食べ過ぎは本当に要注意!お腹のスペースは残しておきましょう。

テーブルセッティング、お花たち

この日はランチでの時間、季節は夏!なので・・やっぱり外での食事になりました。テーブルには野菜スティックやたくさんのグラス、カトラリーが綺麗に並べてられていて、これからの食事が楽しみな予感。このレストランがあるPanzanoという街はこじんまりとしていて、高台にあります。キャンティの素晴らしい眺めもたっぷり楽しめます。

メニューはこんな内容です。1人Eur 50 明朗会計

お店のサイトから引用しました。ワインの持ち込みは自由に出来、チャージはかかりません。10歳以下のお子様はお値段半額。ベジタリアンメニューもあります。お野菜も美味しいので、そちらも気になります!

Beef tartar 生肉のユッケ
Roast beef and/or Roast Brast ローストビーフ
Costata alla Fiorentina (Bone-in Rib eye or Strip steak) リブステーキ
Bistecca Panzanese (Panzanese steak) パンツァーノステーキ
Bistecca Fiorentina (T-bone / Porterhouse) フィオレンティーナステーキ
Vegetables to dip in extra virgin olive oil 野菜スティック
Tuscan beans with e.v. olive oil ひよこ豆のスープ
Baked potatoes オーブンポテト
Chianti “butter” ポテトと付け合わせのバター(風味が最高)
Tuscan bread 付け合わせのパン
Vittorio’s wine 赤ワイン
Water with and without bubbles 水、炭酸水
Coffee, e.v.olive oil cake コーヒー、ケーキ
Grappa and Italian Military spirits グラッパ


オススメポイント

なんといっても、トスカーナ牛をこれでもかという位味わえるところです。お代わりも出来るし、ここの部位が食べたいというリクエストにも可能な限り応えてくれる暖かいスタッフ。ハウスワインも美味しくて(私はお酒がほとんど飲めないので、一緒にいった人の談)、野菜も豊富にあるのでお肉に飽きたらそちらも楽しめます。オリジナルのオリーブオイルや、ハーブと混ぜた塩!もびっくりする位のおいしさ。スタッフの心遣いや、エンターテイメントが面白くて食事以外も楽しめること間違い無し。水中眼鏡を使った面白い?おふざけは必見ですー。

Officina della Bistecca
Address : Via XX Luglio, 11 50022 Panzano in Chianti (Fi)
Tel : +39 055 852020
Web ; http://www.dariocecchini.com/dariocecchini/en/to-the-table/officina-della-bistecca/
予約は、電話かWeb で。予約必須です!

こんな風景がいたるところに広がる、キャンティ地方です。車での旅、オススメです。

過去の出張日記:(2017/6)

出張日記 :今年もスタート。サマータイムのフランクフルトにて。
出張日記:ミラノ→ナポリへ。新規靴工場、シャツ工場、自分なりの見極めポイント。
出張日記:比べないオーダーメイドシャツ屋
出張日記:ス・ミズーラのスーツを仕立てるということ 
出張日記:100年以上続く手袋工場。出会ったのは本物の手作業
出張日記:若手パンツ職人は、世界中に3000人の顧客を持つ4代目