Effortless Life
Bz Trip (2017)

出張日記:比べないオーダーメイドシャツ屋

ナポリはいつもの定宿、Grand Hotel Oriente です。出張はほぼイタリアばかりで、滞在都市も決まっているのでそれぞれの街に定宿があります。定宿があると、なんといってもメリットが多い!スタッフの方と仲良くなれるので、ホテルにチェックイン時に「おかえりなさい!」と言ってもらったり、急に体調が悪くなった時に薬をもらえたり、朝食の時にも良い席に案内してもらえたり・・。今回はナポリのホテル全体が込み合っていてギリギリまで宿の確保が出来なかったんですが、最後の粘りでお部屋を用意してくれました。ホテルは完全な満室にはならず、必ずリピート客や急な対応の為の空室を用意してあると聞いたことがあります。そういう事情もあるので、やっぱりホテルは浮気しないこと!これ、鉄則です。

今回はナポリ在住の職人取材のため、2日間で6メーカーを回りました。最初の職人さんは、ナポリ郊外のあるシャツ屋さん。既成シャツは一切生産せずに、オーナーさんと職人さん一人での生産。生地のこだわりは勿論のこと、何よりも・・パッションがはんぱない!おせっかいも暑苦しい位の笑 職人魂で、拘ったシャツを「自分だけのために」丁寧に作ってくれます。仮縫いは一回のみ、その場で調整、手縫い、を全てやってくれるので一週間くらいナポリに滞在していれば、自分サイズのシャツを作ってくれます。

この御方は、もともとは婦人の洋服小売り店に勤務。親戚のつながりで、ミラノでのアパレル業にたずさわることで、多くの生地に触れ、スーツを知り、パンツ等のオーダーメイドも出来るようになっていくのですが・・今はオーダーのシャツを作る職人になっています。そこを突っ込んで聞いてみたところ、パンツの製造は多くの人が関わりますが、シャツは全て自分ひとりでの作業となるから良い!とのこと。人に任せるのが下手で、自分のこだわりを一番に考えるイタリア人らしい発想です。

ナポリにはなぜ職人がこんなに集まっているのか?と聞いてみました。それは環境であり、職人同志の結束が固いから、とのこと。お互いがお客様を紹介しあったり、パンツ屋にきたお客様を、シャツ屋へ紹介したりは日常茶飯事。技術が一流であれば、必ずお客様はリピートして来られるとのことで・・多くのVIPの写真を見せてくれました。

ナポリ人とは?個人個人が非常に独立した考え、好みをしっかり持ちつつも、人との交流を絶やさない明るいファミリー的なつながりのある気質とのこと。もともと人と比べることが殆どない、人の目を気にすることもあまりないイタリア人ですが、ナポリの人はその気質がぐっと深い気がしています。経験やこだわりからくる、1人1人の自信。際立ってましたー!女性用のシャツもオーダーしてくれるそう。

過去の出張日記:(2017/6)
出張日記 :今年もスタート。サマータイムのフランクフルトにて。
出張日記:ミラノ→ナポリへ。新規靴工場、シャツ工場、自分なりの見極めポイント。
出張日記:比べないオーダーメイドシャツ屋
出張日記:ス・ミズーラのスーツを仕立てるということ 
出張日記:100年以上続く手袋工場。出会ったのは本物の手作業