余裕持った行動 早め行動にもほどがある 出張時の羽田空港にて 

余裕持った行動 早め行動にもほどがある 出張時の羽田空港にて 

9/2 金曜出発のフランクフルト経由 ミラノ行きのルフトハンザ便の出発は11:30。2時間前に空港に行くのは鉄則なのですが、なんせギリギリの行動が嫌いな私。その日、空港に到着したのは7:30でした! それはあまりにも早すぎでしょう。さすがに。今日はなぜそんなに早く到着してしまったのか書いてみます。

普段の出張は、羽田発午後15時頃の便で行くことが多く、自宅~羽田空港ターミナルまでは地下鉄で40分。渋滞も無いので時間が読めるため、とても便利です。が・・今回の便は朝の11;30発。さて、9:30に空港に着くとなると何時に家を出ればいいのかと考えたあげく、通勤時間帯にスーツケース持参で地下鉄に乗るのは危険と判断。自宅~羽田までタクシーに乗ることにしました。びびりな私は「朝は道路が渋滞しているに違いない」と強固に思い込み、普段車に乗らないのでどれくらい時間がかかるかも予測出来ないので、とりあえず早めに到着すれば問題ないでしょと判断。自宅にタクシーを呼んだのは7時でした。
FullSizeRender (62)
6:50には自宅玄関でスーツケースを持って待機。タクシーも早めに来てくれたので6:50には自宅を出発して、羽田に到着したのはなんと7:20分でした。出発よりもなんと4時間前。会社から送ったもう一つの荷物を受け取り、カウンターでチェックインし(真ん中の列の通路側、オススメです)、まだ8時前。久しぶりに羽田空港をブラブラしました。
FullSizeRender (63)
あまり面白い立ち寄りスポットも無いので、ささっといつも搭乗ゲートに入ってしまうことが多いです。ちなみにゲート内の飲食物は結構お高め。出国ゲートにセブンイレブン等のコンビニがあるので、軽食は持ち込みがオススメです。

結局この日は、搭乗ゲート近くのカフェ108 で、電源接続しながら仕事のメール対応したり読書したり。あっという間に2時間位経っていました。出張前日は荷造りで忙しく仕事が終わらないまま出国・・というパターンを繰り返していたので、今回のスムーズな流れが心地良いのを見習い、早めに羽田IN というのはアリかもしれません。前日の寝不足は機内で取り戻せば良いし、耳栓やアイマスク、あまり食べないとしておけば結構機内でも眠れます。

何でも前倒しがよいわけではないですが、行動や時間の前倒しのクセがあると余裕が生まれるので良いですね。万が一、変更やキャンセルがあった場合も対応でき、読書も進みます。ぼんやりも出来るし、SNSの時間も。友人との待ち合わせ時間1時間前に動くのがクセになっているので、小さ目のノートパソコンやKindle が欲しい今日このごろです。または大き目のiPhone に折り畳みのキーボードという組み合わせもいいかも♪

余裕、もっと生み出していきます!

FullSizeRender (64)