自分の強みを生かすこと 理解すること

自分の強みを生かすこと 理解すること

自分の強みって、意識したことありますか? 日々の生活や仕事での出会いで、「この人、本当に仕事が出来る(生活を楽しんでいる)のに、全然無理していないな~」って思う人っていませんか? 周りの人たちを気持ちよくまきこめて、ファンを作ってしまう。リーダーシップでどんどんと前進していく、名サポーターやアイデアマンとして組織では欠かせない存在となっている・・どれもその人がもつ「強み」ですよね。

「どうしていつも人と比べて苦しくなってしまうんだろう」
「際限なく上を目指してしまう気持ちが苦しいなぁ」

↑のような気持ち、感じたことありませんか?(それは私ですが・・笑) そんな方にゼヒぜひおすすめの本があります。

さぁ、才能(じぶん)に目覚めよう あなたの5つの強みを見出し、活かす

人はそれぞれ、生まれつき「自分の能力を最大限に活かせる”強み”」が決まっている。その「強み」を知り、そこだけに注力することが成功へ近づくための最速の道である。

私はこちらの本で紹介しているストレングスファインダー で自分の5つの資質を知ったことで、より自分自身に対しての理解が増し、資質を愛するようになりました。前置きが長くなりました!先日、ストレングスファインダーのコーチとしてご活躍のRさんとお会いし、色々とお話しを伺ってきましたのでそちらのご報告です。

私の上位5つの資質は、これです。コーチの方にお会いする位なので、さすがに自分自身「最上志向」が高いなぁ~と思います。自分の事を更によく理解したい気持ちが強いんですね・・。

①最上
②未来
③自我
④個別化
⑤内省

私を全く知らない状態で、この5つの資質だけをみて連想される人ってどんな人なのだろう?とお伺いしてみました。

”「最上」志向は白黒ハッキリさせたい人が多く、上昇志向が強い。で、「内省」があるんだー。ということは、きっとぐるぐると頭の中で考えて言葉を探す人。上手くやりたいのに、思考がノンストップになってしまいその結果、出来ない自分を責めてしまう傾向があるのかな?「自我」があるとますます自分に厳しくなりがち。「未来」と「個別化」があるので 明るいポジティブなビジョンを、ひとりひとりにカスタマイズして伝えられる人なのかな。”

とのこと。おぉ~、出来ていない自分を責める、自分に厳しく、そして疲れる(笑)といういつものパターンを言い当てられたようでびっくりでした。「未来」のヴィジョンをいつも描いている、というのもとーっても納得です。とにかく「ゴール」がハッキリしていないのが苦手、過去の成功体験や昔話しが苦手・・なのも資質から来るものだったのかーと妙に納得。

いつもぐるぐるとしてしまうこと、その解決策を伺いました

私の悩みは、「人と比べてしまい、何も出来ていない―と落ち込む時どうすればよいのか?」です。これだけ情報過多、様々な人達の行動や思いが手にとるように分かることが、結構苦しくて。焦燥感のようなものがずーっとあるんですよね。まさに現代病・・笑

解決策:悩んだり落ち込んでいる時は、「内省」が発動している時!なので、ブログを書いたり、人と話したり、思いや考えをアウトプットすること、「考えている状態」でいないことが大切。人と比べてしまうときは、「最上」がレベルアップしたくてウズウズしている時なので、下がるんではなく、上げていく。一歩ずつ坂道を上っていく方向へ。「未来」をみてversion-up 、励ましていくイメージで前進していくのがよいのでは?

もともと、内省持ちなので延々と考えることは苦になりません。よく○年後の社会はどうなっているのだろう、人間はどのような進化を辿るのだろう・・なんて暇さえあればぐるぐるしています。考えるクセは、せっかくだから上手に使うことが大切なんですね。「最上」と「自我」持ちなので、ついついキラキラしている人をみて・・「ああ、私なんて~」とか「すごいなぁ、追いつけないなぁ 追いつけないならやっても無駄だなぁ」なんて思うこともしばしば。そういう時は全く動けなるんですが、ここは「未来」で発想の転換。せっかく考えるクセがあるなら、どんどんと行動するアイデアをアウトプットして、実行していけばいいんですね。

Rさんからのお言葉、アドバイスも頂きました

“未来を見据えながら思考を繰り返して視点を考え、言葉を洗練させていく。それを相手にあわせながら伝えることの出来る人。その結果、相手はあなたの考えを認め、あなた自身をみとめることになる。”

“未来志向でビジョンを描き、最上志向と内省でこれを洗練し、個別化を使って相手が魅力を感じる伝え方をしていく。このパターンのエネルギーの源泉として自我が存在する。”

モチベーションがあがるところ
・高いアウトプットが求められるところ
(逆に考えれば。慣れ合い、いつも同じメンバーとの関係。ルーティンワークの環境にいることは避けること)
・期待に応えることで高い承認を得られる場面
(逆に考えれば。期待されない、任されない、コマのひとつ、責任が与えられない環境、職場は避けること)

チャレンジするところ
・人がいない、見ていないところでどうモチベーションをキープしていくか
(逆に考えれば。人の目があると頑張れる、公開宣言しちゃえば頑張れる!)

気づきとまとめ

強みを伸ばす。これってすごく素敵な考え方だと思います。自分が不得意なことは、誰か得意な人に頼んで解決。そして得意なモノゴトにどんどんと時間やお金、人間関係を投資していく。自分自身のリソース(時間や体力等)は有限だからこそ、そう思います。今、ファッションやメークの講座スタートを考えているので、なりたいイメージをヴィジュアルでプレゼンテーション(未来志向を使う)、それぞれのお客様に合った提案(個別化を使う)、今よりも「更に」良い自分自身になる(最上志向を使う)という全体提案で何かしてみよう、とワクワクしてきました。

仕事でもセカンドのポジションに甘えている現在だったので、もっと自分自身の発言力や仕事のポジションやステージを上げたいー!(結局それを求めている)ことにじっくりと納得感がありました。ストレングスファインダーの自分の資質、これからも愛でて育んでいこうと思っています。